先日、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、技能実習生の帰国ができない、「特定技能」への申請準備ができないなどで、在留期限が切れてしまう等の在留資格の変更などをお伝えしました。

各申請手続きに必要書類をご案内します。

(1)本国への帰国が困難な方
「短期滞在(30日・就労不可)」へ在留資格変更を希望する場合
在留資格変更許可申請書(顔写真は不要)
●帰国が困難であることについて、合理的理由があることを確認できるもの
 (飛行機の運休や、本国での移動制限により居住地に戻る事が困難な状況にあることの分かる資料、※本国から発信される領事館などのHPのコピーなど)
●滞在費等支弁に係る資料
 (例えば、短期滞在中に仕事をしなくても、生活が出来ることを証明できる口座残高の分かる通帳コピーなど)

「特定活動(30日・就労可)」へ在留資格変更許可を希望する場合
在留資格変更許可申請書(顔写真は不要)
●帰国が困難であることについて、合理的理由があることを確認できるもの
 (飛行機の運休や、本国での移動制限により居住地に戻る事が困難な状況にあることの分かる資料、※本国から発信される領事館などのHPのコピーなど)
●監理団体(特定監理団体を含む)又は実習実施者(企業単独型の場合に限る)が作成した理由書
 (同じ受け入れ企業で、技能実習と同じ業務に従事することを証明する資料)
  ⇒参考様式(技能実習生用) 【記載例】
  ⇒参考様式(外国人建設・造船就労者用) 【記載例】

(2)技能検定等の受検ができないために次段階の技能実習へ移行できない方
「特定活動(4ヶ月・就労可)」へ在留資格変更許可を希望する場合
在留資格変更許可申請書(顔写真が必要)
●監理D軟体(企業耽読型の場合は実習実施者)が作成した説明書
 (次段階の技能実習へ移行予定であること。新型コロナウィルス感染症の影響等により技能検定等の受検ができない理由、必要な助言、指導及び支援等を行うことを記載したもの)
 ⇒参考様式(特定活動(技能実習移行準備) 【記載例】

(3)「特定技能1号」への移行のための準備がまだ調っていない方
「特定活動(4ヶ月・就労可)」へ在留資格変更を希望する場合
在留資格変更許可申請書(顔写真が必要)
●新型コロナウイルス感染症の影響により在留資格「特定技能1号」への移行に時間を要することについての理由書
  ⇒参考様式(特定技能1号移行準備・技能実習生用) 【記載例】
  ⇒参考様式(特定技能1号移行準備・外国人建設・造船就労者用【記載例
●受入れ機関が作成した誓約書
  受入れ予定の外国人が「特定技能1号」への在留資格変更許可申請予定
  であること等についての誓約書)
  ⇒参考様式(誓約書)
●特定技能1号」に変更するまでの間の雇用契約に関する書面(雇用契約書,雇用条件書等の写し)

やはり、帰国できない場合等は、それに基づく客観的な資料が必要でしたね。
いつまで帰国できない、受験出来ない等が続くかは分かりません。
在留期限ぎりぎりに申請するのではなく、出来るだけ早く申請し、技能実習生が安心できるようにしましょう。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。