2021年3月23日、ベトナムの首都ハノイ市内で「特定技能」建設分野で初めての試験が実施されました。

実施されたのは建設分野の[鉄筋施工]職種で24人が受験しました。
2019年4月に「特定技能」が施行され建設分野では当初、4万人を見込んでいましたが、2021年1月末時点で1,614人となっています。

ベトナムは中国を抜き、「技能実習」では最大の送り出し国となっています。しかし、「特定技能」では日本とベトナム両国の間での取り決め、費用負担、運用などでの調整に時間がかかり、今回のように特定技能試験の実施が大幅に遅れています。

今回、試験を実施したことにより、今後はもっと多くの地域で多くの職種の試験が実施されることを期待したいと思います。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。