2019年度に実施された「特定技能」外食業と飲食料品製造業の国外試験の実施状況と、結果になります。

海外の試験は、各国の言葉で試験が実施されていますので、比較的合格率が高いと思います。
その反面、日本で受験する場合、すべて日本語になりますので、N4程度ではなくN4以上のレベルが必要になると思います。
日本国内とは違い、海外ではほぼ毎日試験が実施されています。日本国内でももっと実施されるべきですが、なかなか思うようには進んでいませんね。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

『外国人雇用の小冊子』プレゼントはこちら↓↓↓
https://needs-you.com/present/