「特定技能」に関する二国間の協力覚書を締結している国々の、新型コロナウィルス感染の現状をお伝えします。

バングラディッシュとパキスタンでは、感染者数が急増しています。
バングラディッシュ政府の保険証は、「完全がすぐに止まる理由は何も見当たらない」と述べています。
なお、バングラディッシュでは人口密度の高い都市部で感染が広がっていることから、 今後も増加する可能性があります。
教育機関では3月16日より全ての学校が臨時休校となり、8月6日まで延長されます。
中でも多くの病院では患者の治療を拒否していることが報告されているようですので、様々なことが心配されます。

「特定技能」「技能実習」では、上記の国からの外国人を多く受け入れていますし、日本への入国を待っている外国人も多いことでしょう。
しかし、現状では日本への入国は難しく外国人の入国はまだまだ先のことになるでしょう。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。