こちらの情報も、お取引させていただいているベトナムの送出し機関のご担当者様からの情報です。

ベトナム国内でも新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、ベトナム⇔日本路線の全区間を4月30日まで運休することを発表しましたが、5月31日まで引き続き運休することを決定しました。

ベトナムにある送出し機関は3月27日より運営が禁止され、ベトナム首相から4月1日よりベトナム全国民が自宅で待機することになり、違反する者には罰則もあるそうです。
食料品や日用品を購入できるスーパー以外、ほとんどのビジネスはストップしています。

ベトナム国内の長距離移動も制限され、国内線のフライトや、長距離バス、市内のタクシーやバスも停止しています。
自宅待機は4月15日までの予定ですが、4月末までになる可能性もあるそうです。

ベトナム現地法人である、トヨタ・ベトナムも3月30日からベトナム工場での生産を一時停止しています。

ベトナムは、3月31日午前9時30分時点での新型コロナウィルスの感染状況は、陽性204人となっています。

「特定技能」「技能実習」「エンジニア」など、ベトナムでの面接を予定していたり、面接が修了し申請の準備をしていたりと、ベトナム国とのやりとりをしている場合、今の状況は非常に厳しいと思います。
生活に必要のないビジネスは完全にストップし、就労予定の外国人との接触も禁止されています。

契約書等のやりとりは郵便など時間がかかるようですので、相当な余裕をもって準備されることをおすすめします。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。