このブログを書くため、「外国人」「特定技能」「技能実習」など毎日さまざまなニュースの記事や情報をインターネットで検索しています。

今日はおもしろい記事を見つけたのでご紹介します。
『20代ベトナム人の仕事の意識調査結果 好きな上司の条件など』です。

ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営する株式会社AsiaPlusが実施した、ベトナム人の若者の仕事に対する意識調査を伝えています。

この意識調査は、ベトナム人と日本人の仕事観の違いがわかるように、20代の働くベトナム人・日本人男女300名を対象に行っています。
「会社選び」「転職」「好きな上司・嫌いな上司」などのテーマで質問をしています。

ベトナム人・日本人それぞれ考え方が違っていておもしろいですね。

でも、これから日本で働きたい外国人が一番重視することは、やはり“給料”ではないでしょうか?
ベトナム人の日本企業イメージは、“高給”とあります。なので、技能実習生は日本で働けば、高い給料がもらえると思い日本に来たけれど、もらえる給料は低いとなると、失踪する技能実習生が増えても仕方ないですね。
想像した金額がもらえなければ、高い給料がもらえる方へ行ってしまいます。それが不法就労でも同じです。

これから外国人の雇用を考えている企業、すでに受け入れている企業は、このようなアンケートを参考にし、日本で働く外国人と友好な関係を築き仕事を行っていただきたいと思います。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。