日本に「技能実習」「特定技能」ミャンマー人は約1万4,000人在留しています。
今回ミャンマー国内で起きたクーデターが起き、クーデター当日はミャンマーで電話やネットが繋がらないという事があり、日本に在留するミャンマー人は不安があったと思います。

日本では東京などで在日ミャンマー人が集まり抗議活動を行いました。ミャンマー国内の空港も4月末まで空港を閉鎖すると言われています。
新型コロナウィルス感染の影響もあり、入国できない人、帰国できない人が多くいるようです。

日本は新型コロナウィルスの対策として入国制限をしました。昨年7月からは感染が比較的落ち着いてきたタイとベトナムから入国を緩和し、9月からミャンマーも入国が認められるようになりました。
しかし日本国内での感染が拡大し先月、再び緊急事態宣言が発令されました。現在は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県が継続して緊急事態宣言中となっています。
外国からの入国もまだ再開されていませんので、ミャンマーからの入国もまだ先になる可能性があります。

クーデターの影響で技能実習生や特定技能外国人の置かれる環境は不透明です。外国の企業などの撤退の可能性もあり、日本や外国に働きに出たいと思うミャンマー人は少なくないと思います。

不安定な状況の中ではありますので、ミャンマー国内の安定と、新型コロナウィルスの収束が早急に落ち着く事を祈るばかりです。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました