日本で働く外国人の就労・生活サポートなど、外国人に係る仕事をしていると、外国人についてのテレビやニュースがとても気になります。

私は技能実習生を管理する監理団体で働いた事もあり、技能実習生についても良く理解しています。

技能実習制度については、送出し機関や悪質なブローカーにより、多額の借金を背負い日本に入国し、多額の借金のために一生懸命働いても、日本で生活するためには賃金が安いため、失踪し不法滞在者となり身を隠し働き続けることになります。
すべてがこのような技能実習生ばかりではありませんが、年々、失踪する技能実習生が増えてきています。

留学生では、日本語学校や専門学校で日本語の勉強をし、週28時間以内で学費や日本での生活費を稼いでいます。バイトをし働く事が生活の中心となり、学校では授業に集中できず、学業が疎かになっています。

特定技能では、中々制度自体の周知が出来ておらず、政府が掲げる初年度に受け入れたい特定技能外国人47,000人には到底及ばず、特定技能(2号)では家族を帯同できる職種は2職種のみとなっています。

このように、すべての外国人や日本人、外国人就労者を受け入れる企業、その外国人をサポートする人たちの思いはそれぞれです。
そういった日本に在留する外国人や、外国人に関る日本人がそれぞれの意見を交換する番組がありました。

「特定技能」「技能実習」についても意見交換がなされていますので、興味のある方はご覧になってください。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。