日本政府は、入国制限の緩和第1弾として、ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国を、夏以降に緩和する方向で検討しています。

規制緩和する4カ国は、新型コロナウィルス感染が落ち着いてきているそうです。

5月31日時点での日本を含む4カ国の新型コロナウィルス感染の状況です。

全世界を対象とした入国制限の現在の期限は6月末までとなっており、入国制限緩和の実施は夏以降になる予定です。
日本政府はビジネスマンなどを対象に、、外国人が自身の国を出国前にPCR検査で陰性を証明できる書面を持ち、日本に到着後、再度PCR検査を受けて陰性であれば入国を認める仕組みを検討しています。

中国、韓国も日本に入国緩和を打診しているようですが、日本政府は早期の入国に慎重ですので、中国、韓国への入国緩和は第2弾以降になるようです。

夏以降の入国緩和ですのでまだまだ先になりますが、ベトナムやタイでは多くの技能実習生が日本への入国を待っています。
しかし、日本でも落ち着いてきているはずの感染者が、また増えてきています。今後、さまざまな学校の再開もありますし、夏になればお盆などの休みもあり、どんどん人手が増え、抑えつつある感染も、もしかしたらまた増えてくるかもしれません。

いつまで続くか分かりませんが、マスクの着用など出来ることから行い、1日でも早く日常を取り戻せるようにしましょう。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。