2019年10月1日より、全国で「最低賃金」の
改定があります。
改定後の賃金は下記のとおりです。

2019年10月、最低賃金の改定 日本経済新聞より

ところで、最低賃金にA~Dのランクがあるのは
ご存知でしたか?

都道府県の経済実態に応じ、全都道府県を
ABCDの4ランクに分け、引き上げ額の目安
を提示しています。
・Aランク 6都道府県
・Bランク 11府県
・Cランク 14道県
・Dランク 16県
となり、引き上げ額の目安は、
・Aランク 28円 (昨年度 27円)
・Bランク 27円 (昨年度 26円)
・Cランク 26円 (昨年度 25円)
・Dランク 26円 (昨年度 23円)
となります。

参考資料 厚生労働省

各都道府県に適用される目安ランクは上記の
とおりです。

では、AランクとDランクではどれだけの差が
あるのでしょう。

●Aランク 東京都 1,013円
●Dランク 島根県  790円
1時間当たり 223円
の差があります。
1日8時間、1ヶ月22日働いた場合どうでしょうか?
なんと、1ヶ月当たり 39,248円 の差がでます。

なぜ、これを計算するかというと、技能実習生や
特定技能、週28時間で働く留学生にすると、
島根県(Dランクの県)で働くより、東京都
(Aランク)で働く方が良いという結果になると
思いませんか?

コンビにはどこで働いても同じ仕事ですよね?
1日の同じ時間、同じ仕事するなら、
「Aランクの県で働くほうが特」
です。単純な考えかもしれませんが、そうなる
可能性が高いと思います。

ですから、失踪する技能実習生は、給与の高い
Aランクに集中しているのかもしれません。

「特定技能」で働く外国人には、“従事する
日本人と同等以上”と給与支給の決まりが
あります。
しかし、この“同等以上”も最低賃金が適用
されています。技能実習生と同じように、
Aランクの方が最低賃金が高いから、あっちの方が
良い。と失踪や転職が増えることが心配です。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。