今回の豪雨で甚大な被害が出た熊本県、長崎県、福岡県、鹿児島県、今現在、豪雨が続いている長野県、岐阜県。
毎年日本中のどこかで自然災害が起こっています。
住んでいる家が浸水被害にあい、乗っていた車が流され、働いていた職場が被害にあう。もう日本のどこが安全と言えなくなっています。

このような災害に日本人だけでなく、外国人はとても心配で不安だと思います。日本人は常にテレビで状況の確認をし、避難指示があれば指示に従う事が出来ます。
しかし、日本に住む外国人がどうでしょうか?中日本語のニュースを理解でき、避難指示に従うことができる外国人もいるでしょう。しかし大半の外国人は難しい漢字を読めず、ニュースで流れる日本語を理解できないでしょう。

今回の九州地方の豪雨災害に伴い、外国人技能実習機構が監理団体に向け、下記のように周知しました。

●災害時情報提供アプリ【Safty tips】
訪日外国人に対して日本国内における緊急地震速報、津波警報、気象特別警報等を通知できる災害時情報アプリ「Safty tips」を観光庁では監修しています。
11カ国12言語に対応しています。
◆対応言語(11カ国語12言語)
・英語
・中国語(簡体字・繁体字)
・韓国語
・日本語
・スペイン語
・ポルトガル語
・ベトナム語
・タイ語
・インドネシア語
・タガログ語
・ネパール語
◆アプリ利用料
無料
◆通知される情報
・緊急地震速報
・津波警報
・気象特別警報
・噴火速報
・熱中症情報
・弾道ミサイル発射等の国民保護情報

●NHK 【WORLD-JAPAN】
NHKワールドJAPANは日本の公共メディア、NHKの国際サービスです。Tれび、ラジオ、インターネットを通じて世界に向けて多言語で情報を発信しているサイトです。
WORLD-JAPANはこちら

●災害時に便利なアプリとWEBサイト
内閣府が日本の災害情報などを知ることができる、スマートフォンのアプリとWEBサイトを紹介するリーフレットを作りました。14ヶ国語で作成されたリーフレットです。
災害時に便利なアプリとWEBサイトはこちら

今の日本はどこで災害が起こってもおかしくありません。災害に備え、今一度、日本人の私たちもですが、日本に住む外国人、これから日本に来る予定の外国人の皆さんに災害に備えるため、災害に見舞われたときの心構えを周知してください。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。