今回は個人的に私が好きな番組をご紹介します。そうなると、「特定技能」や「技能実習」「外国人」に関係ないブログになってしまうのですが、ちょうど一緒にご紹介できる番組内容となっていましたので是非、紹介させてください。

皆さんは毎週金曜日にNHKで放送される“ドキュメント72時間”という番組をご存じですか?
この番組は、ファミレス、空港、居酒屋・・・。毎回、ひとつの現場にカメラを据え、そこで起きる様々な人間関係を72時間にわたって定点観測するドキュメンタリー番組です。然出会った人たちの話に耳を傾け、“今”という時代を切り取っています。

本当に全国各地、有名な場所、全く誰もいないんじゃないかと思うような場所にカメラを据え、その場所に来る人の話を聞きます。
今時の派手な番組でなありませんが、何となくずっと見てしまいます。

そこで今回、2021年2月12日(金)に放送されるのが「“多国籍団地”のゆく年くる年」という内容です。
【番組紹介】
ベトナム・カンボジア・中国など、住民の2割が外国にルーツを持つという、国内屈指の“多国籍団地”が舞台。彼らは異国での年末年始をどのように過ごすのか。正月用の食材を買うカンボジア出身の2人組。近隣への新年のあいさつを欠かさないラオス出身の夫婦。ベトナム出身の両親を持つ女の子は、団地で優しさを学んだという。新型コロナの影響で、いつになく静かな年越し。団地で共生する人たちの声に、3日間、耳を傾ける。

ドキュメント72時間「“多国籍団地”ゆく年くる年」
NHK総合1・神戸
2021年2月12日(金)午後10:45~午後11:15(30分)

「特定技能」や「技能実習」で働く外国人は、ベトナム人や中国人、カンボジア人など様々です。国も違うし話す言葉、習慣や食べるものも違います。
全く習慣の違う外国人が同じ団地で生活をしています。
問題もたくさんあると思いますが、母国ではない同じ日本で生活する外国人が、何をし何を思い日本のお正月を過ごすのでしょうか。
とても興味深いと思い、今回皆さんにご紹介させていただきます。
是非ご覧になってください。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました