岡山市は新型コロナウィルス感染症のワクチン接種のため、日本に在留する外国人に向け4か国語で案内チラシを作成していることを示しました。
岡山県内では97か国、約3万1,000人の外国人が在留しており、岡山市内には約1万4,000人在留しています。(2019年時点)

作成しているチラシは [英語] [韓国語] [ベトナム語] [中国語] で表記され、接種までの流れや注意点をまとめています。岡山市のホームページで掲載され、希望者には個別に配布されます。

集団接種会場には、多言語化した対応マニュアルの配布や、翻訳機の導入も検討されています。1日に開催した新型コロナうウィルスワクチン接種コールセンターは、[英語] [韓国語] [ベトナム語] [中国語] [スペイン語] [ポルトガル語] の6か国語で対応しています。

このように日本に在留する外国人を含め、岡山市全体でワクチン接種の対応を検討し実行しているのでとても素晴らしい試みだと思います。
これから全国的にワクチンが配布され、順に接種していきます。すべての人に対応できるよう、きめ細やかな対応を期待したいと思います。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。