「特定技能」「技能実習」外国人が来日せず、受入れ企業が予定していたスケジュールが大幅に狂い、様々なところで大きな影響が出ている事はテレビや新聞でもニュースになっています。

受け入れる企業にも影響が出ていますが、日本で仕事についている外国人にも大きな影響が出ています。

・仕事の時間を減らされた
・働いていた会社が倒産した
・家賃が払えない
・母国の家族に送金できない
・内定していた会社に就職できなくなった
といった多くの問題を抱えています。

失業した「技能実習生」や「特定技能外国人」は会社の社会保険に加入していますので失業保険を受給することができます。
しかし、アルバイトで生計を立てている留学生には失業保険を受給する資格がありません。日本に在留する家族や親戚、友人を頼って生活するしかありません。

そんな時に頼れるのは日本語と母国語を理解できる人でしょう。日本に在留する外国人は日本の法律や給付してもらえる制度をほとんど知りません。どんな事で困り、どんな支援を必要としているかを聞き、その問題をどう解決できるかを説明する母国語は必要です。

日本に在留する外国人が安心して生活し、仕事ができる日々に戻るのはまだ先になるかもしれません。
いつになるか分かりませんが、少しでも安心できる生活になるよう、私も外国人の方のためになる情報を発信していきたいと思います。

【外国人の皆さんへ(新型コロナウィルス感染症に関する情報)】厚生労働省HPはこちら

この厚生労働省のHPは、
○生活の支援
○技能実習生のみなさん
○働くみなさん
○学生のみなさん
向けの多言語で情報を発信しています。
日本に在留する外国人に拘る方は、一人でも多くの外国人に情報を提供していただきたいと思います。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。