「特定技能」として働く条件として、
①日本語試験(N4程度)の合格
②特定技能評価試験の合格
があります。

技能実習生は、技能実習時と同じ職種であれば、上記2つの条件は必要ありません。現在、日本に「留学」等の在留している留学生や、海外から初めて日本で働きたいと思っている外国人は、上記2つの条件をクリアする必要があります。

「特定技能」の要件として認められている日本語検定は、
◎(公財)日本国際教育支援協会 日本語能力試験(JLPT)
◎国際交流基金 日本語基礎テスト(JFT-Basic)
の2つがあります。

2つのうち、“日本語能力試験(JLPT)”の合格証が偽造され、日本や海外で大量に販売されているというニュースがありました。(読売新聞より)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200126-OYT1T50086/

合格証は1枚8000円。以前は1万5000円だったそうですが、同じように偽造し販売する業者が増え値下げしたそうです。
合格証といっても、A4サイズのものではなく、見開きのハガキになっていて、名前や生年月日、試験結果(点数など)の記載があります。

日本語能力試験(JLPT)は特定技能の要件でもありますが、技能実習生の場合、日本語能力試験(N5~N1)のレベルに合わせ、受け入れ企業より、〔能力手当〕のような手当を支払っている場合があります。
留学生では、N3以上のレベルになると、日本で日本企業に就職する際、有利になると言われています。

そのため、日本語能力試験の合格証を偽造したものを購入し、受入れ企業に提出したり、就職活動の際に、履歴書に記載したりしているのでしょう。

実際に、私が技能実習生の監理団体で働いていた時、日本語能力試験の合格証を偽造したものを購入し、受け入れ企業に提出し、不正に〔能力手当〕を受給しようとした技能実習生がいました。

なぜ、合格証が偽造と分かったかというと、受け入れ企業が、 (公財)日本国際教育支援協会 に合格者の照会をし、その合格証が偽物だと分かりました。
更に、その技能実習生は日本語能力試験すら、受験していないことが分かりました。私の身近にも、こういった話があります。どれだけの合格証が出回っているのでしょうか?

こうなってしまうと、本当に試験を受験し合格した外国人にとっては、とんだ迷惑な話です。特定技能外国人の受入れをサポートする我々も、疑いの目から入ってしまいかねません。

これから益々、海外から特定技能外国人が入国してくると思います。申請や提出された合格証が、本物か偽物かを判断でき、確認できる対策や、これ以上合格証が偽造されないような、再発防止策が早急に必要だと思いました。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。