法務省は2020年の春に卒業予定の留学生に向けて、「留学生」→「特定技能」へ在留資格の変更について注意を呼びかけました。

内容は、2020年1月~3月(卒業時期)に在留資格変更許可申請が集中することが見込まれるため、早めの申請を心がけるようにお願いしました。

各地方出入国在留管理局・支局(空港支局を除く)では、「留学生の就職支援に係る専用窓口」を設置していますが、2019年12月1日から2020年3月31日までは、窓口を拡大して相談を受け付けます。

特定技能に関する相談や、留学生を採用する企業の担当者や留学生が在留する学校関係者からの相談も受付ます。

また一番難しい、申請書類の事前点検も行っていただけるそうです。これは、申請する側からしたら本当に助かりますね。

申請に必要な書類一覧も「留学生用」に作成もしていただいているので、活用し段取りよく申請ができれば良いですね。

【特定技能への在留資格変更許可申請に係る提出書類一覧・確認表(留学生用)】
●特定技能所属機関が法人の場合 [PDF] [EXCEL]

●特定技能所属機関が個人の場合であって、厚生年金保険の適用事業所である場合 [RDF] [EXCEL]

● 特定技能所属機関が個人の場合であって、厚生年金保険の適用事業所でない場合 [RDF] [EXCEL]