では、【特定技能】と【技能実習】では、
何が違うのか、見ていきましょう。

まず、こちらをご覧ください。
https://needs-you.com/specificskills/
ホームページで掲載している比較表です。
では、違いについて説明していきます。

《本来の目的》
こちらは、前回お話させていただいた
とおり、
◆特定技能 人材不足
◆技能実習 国際貢献
となります。
目的は、明確に違うことが分かりますね。

《単純労働》

◆特定技能 ◎
◆技能実習 × 
技能実習は、「技術移転」が目的でも
あるので、技術を学ぶためには、単純
労働は不可となります。

《日本滞在期間》
◆特定技能 5年~期限なし
◆特定技能 最長5年
これはどういうことか説明します。

在留資格と経験によって、
日本の滞在期間が変わります。

特定技能
  1号→2号

 は試験を受験し合格する必要

 あります。
技能実習
 1号→2号

 は試験を受験し合格する必要
 あります。
 2号→3号
 は試験を受験し合格する必要
 あります。かつ
 ●優良企業の認定
 ●優良組合の認定

 が必要です。

複雑すぎますよね?
しかし、政府の決定した方針に沿って
実行していくことが必要です。
特定技能2号の2年後の《永住権取得》
はまだ未定です。

日本で働いていただく外国人の皆さま
には、将来どうしたいか。
とても重要なことです。
政府の動向を見ていきたいと思います。

これからも簡単に説明させていただき
ます。

本日も、最後まで読んでいただき
ありがとうございました。