では、2013年頃から
“中国人実習生”が減少し、ベトナム人
実習生が増えてきたのか。

3つの理由が考えられます。
①お金がほしい
②ベトナムに仕事がない
③日本にきたい
と私は考えます。
1つずつ考えていきたいと思います。

①お金がほしい
これは、ベトナム人に限らず、日本人の私
でも考えます。
しかし、ベトナムの平均年収をご存知ですか?
●日本   約409万円
●ベトナム  約30万円
●タイ   約110万円
●フィリピン 約48万円
日本の約1/13です。

物価が安いとはいっても、年収30万の
家族が、日本へ旅行へは行けませんね。

すべての人の収入が低いわけでは
ありませんが、日本にきて働いてお金を
稼ぎたいと思うのは普通です。

②ベトナムに仕事がない
GDP(国内総生産)のランキングでは、
1位 アメリカ
2位 中国
3位 日本
4位 ドイツ


7位 インド


16位 インドネシア


26位 タイ


40位 フィリピン

43位 バングラディッシュ


47位 ベトナム


51位 ペルー


66位 スリランカ


72位 ミャンマー

94位 ウズベキスタン

101位 ネパール


108位 カンボジア


117位 ラオス


131位 モンゴル
(SNA(国民経済計算マニュアル)
 に基づいたデータ(2018年)
ご覧のとおりです。

近年は、日系企業のベトナム進出で、
日系企業で働くベトナム人も増えて
きました。

しかし、日本ドリームではないですが、
日本で働けば、お金が稼げる。
ベトナムで家が建てられる。と夢を
持ち、日本で実習生として働く
ベトナム人が多いことも事実です。

③日本にきたい
日本に来る方法は、もちろん実習生だけ
ではありません。
“留学生”としてくることも可能です。

実際に、実習生と同じように、“留学生”
も、中国人⇒ベトナム人へ移行しています。

では、なぜ“留学生”として入国しないので
しょうか?
それは、《お金》です。
留学生で日本へ来る人たちは、
約100~200万円(年間)
の費用がかかります。
では、技能実習生ではどうでしょう。

技能実習で日本に入国する、実習生は、
日本に入国する前に、【送り出し機関】
という、日本でいう“人材派遣会社”の
ような会社に登録し、
《手数料》+《保証金》
 約60万 + 約30万
を支払い日本に入国します。

このとおり、“留学生”はベトナムでも、
裕福な人しか留学生として日本に入国
できないことがわかりますね。

でも、このように『大金』を払って
日本に来るメリットは何でしょうか。

本日も最後まで読んでいただき、
ありはとうございました。