【監理団体】とは
地方公共団体から25%以上の出資、
および継続的な財政的・人的支援を受け
指導監督を受けている外郭団体。
“技能実習生の技能等習得活動の
監理を行う非営利団体”


【登録支援機関】とは
特定技能所属機関(※1)に委託されて
特定技能外国人の支援計画の作成・
実施を行う機関。
※1 特定技能所属機関とは、特定技能
   外国人を受け入れる企業のこと
  このブログでは“受け入れ企業”と
  書かせて頂きます。

簡単にいうと、【監理団体】は難しい
審査を得て成り立つ団体で、
【登録支援機関】は、支援機関という
ことです。

まず、技能実習制度での監理団体の
仕事というと、
●申請書類の作成(認定・更新等)
●技能実習生の管理
●監査・訪問指導
●相談対応
入国前~帰国までの管理です。

良くも悪くも、何でもかんでもが仕事です。
以前、私も監理団体で働いていたと
お伝えしました。
《申請書類の作成》は3年間で最低3回
あります。(在留期間が1年の場合です)
ここはちゃんとしないといけません。
【外国人技能実習機構】の申請もあり、
【出入国管理庁】の申請もあります。

一番こまったことは、技能実習制度と
いっても、対応するのは人間です。
それも言葉も国も違う、1人の人間です。
まず、生活習慣が違うので、常識は
あくまでも “日本の常識”です。

どうかこの言葉を忘れないでください。
日本の当たり前を、国の違う外国人に
押しつけたり、強制しないでください。

これは監理団体で働いたときに、
どこでも起きる企業内での問題でした。

いま思うと、監理団体の仕事は本当に
大変でした。技能実習生がいる間は、
“365日24時間いつでもサポート可能”
状態です。
順調に技能実習が行えていれば、まったく
問題はありません。

次回は、監理団体のサポート内容について
ご説明したいと思います。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。