引き続き、監理団体の優良要件について
みていきましょう。

③法令違反・問題の発生状況(5点)
 ※違反等があれば大幅減点
◆失踪がゼロ又は失踪の割合が低いこと
直近過去3年以内の失踪率になります。
これは近年、全国的に失踪する技能
実習生が増えています。

下記の図をご覧ください。

技能実習生の失踪率

技能実習生が増えると同時に、
失踪する実習生も増えています。

昨年ですと、
技能実習生数 274,233人
失踪実習生数  9,052人
でした。
年間1万人も失踪しているのですから、
監理団体としても、“失踪率”を気にしない
わけにはいきません。

受け入れ人数が少なく、失踪実習生が
1名でもいれば、失踪率は上がりますし、
多ければ反対に、失踪する実習生が、
さらに実習生を連れ失踪します。
そのため、失踪率も上がると、
悪循環になります。

“失踪”は、どのような監理団体も
頭の痛い問題ではないでしょうか。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。