非自発的離職時の転職支援

特定技能外国人の受入企業側の都合(人員
整理・倒産など)により、特定技能外国人
と雇用契約の継続ができず、雇用契約を
解除する場合、特定技能外国人が継続して
“特定技能外国人”として、他の企業で働ける
よう、支援を行う必要があります。

ます、
●所属する業界団体や関連企業を通じて、
新たな受入れ先の企業に関する情報を入手
し提供する必要があります。

例えば、取引先や関連企業などが受け入れが
可能かの情報を入手します。

●ハローワークや職業紹介業者(人材派遣会社)
の案内や、特定技能外国人に同行し、新たな
受入れ先を探す必要があります。

最近のハローワークは〔特定技能外国人向け〕
の募集も行っていますので、積極的に受入れ先
を探す補助を行いましょう。

●特定技能外国人の「希望条件」「技能水準」
「日本語能力」などを踏まえ、〔推薦状〕を
作成する必要があります。

●現在、多くの“人材派遣会社”が“登録支援機関”
となっていますので、就職先の紹介あっせんを
行うこともすすめます。

受入企業の都合により、特定技能外国人の雇用
契約が継続できないことは、最悪の事態なので
避ける必要があります。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

小冊子のプレゼントはこちら