出入国在留管理庁は、不法就労外国人問題に対処するため、2020年11月を「不法就労外国人対策キャンペーン月間」とし、外国人を雇用する事業主等を対象に不法就労の防止について理解と協力を求めるためのキャンペーンを行います。

不法就労外国人対策キャンペーンリーフレット[PDF]

1.実施期間
2020年11月1日~11月30日までの1か月間

2.主な対象
事業主、事業主団体、関係行政機関、地方公共団体等

3.実施内容
(1)事業主に対する啓発活動
外国人を雇用している,又は雇用する予定がある事業主に対し,リーフレットを用いて外国人雇用の際の注意点を説明し,不法就労防止を呼びかける。特に,難民認定申請中で就労が認められていない者など,在留カードの「就労制限の有無」を必ず確認し誤って雇用することのないように注意を喚起するほか,在留カードの真偽判断のポイントについて紹介する。
(2)関係機関に対する協力依頼
事業主団体(中小企業団体,商工会議所等),関係行政機関及び地方公共団体等に対して,不法就労防止に関する啓発活動を依頼する。

不法就労する外国人にも罰則がありますが、受け入れる企業にも同じく罰則があります。このコロナの状況下では、人材不足に悩む企業や、働いていた会社を解雇になり仕事を失った外国人が多くいます。

そういった中で悪い方向に向かい、不法就労に繋がらなければと思います。不法就労を発見した場合、働いている外国人が不法就労者であることが判明した場合には、必ず出入国在留管理局へ通報し、出頭を促すようにしてください。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。