特定技能すべてのサポートサービス

外国人就労サポート

カテゴリ一 記事一覧

帰国できない技能実習生 約3万8000人

新型コロナウィルスの影響で帰国できない技能実習生は約3万8000人と言われています。日本政府は帰国できない技能実習生に、“転職”ができるように制度を改正しましたが、感染が拡大したことで緊急事態宣言を発

ベトナム語の通訳、行政などで不足

日本には約42万人のベトナム人が在留しています。2019年度と比べて2%増加し、5年前と比べて3.4倍になっており年々、在留するベトナム人は増え続けています。このようにベトナム人の増加と、新型コロナウ

「技能実習」年次有給休暇取得促進期間!

厚生労働省は今月を【年次有給休暇取得促進期間】としているのをご存じでしたか?外国人技能自習機構から監理団体と受け入れ企業に対し、年次有給休暇の取得を促進するご案内がありました。 【技能実習生の年次有給

仕事がなくて、お金がなくなって困っています

現在の日本は、新型コロナウィルス感染の拡大で、人々は外出を自粛し、様々な業種は休業や、時間短縮営業をしています。日本人も大変な時ですが、日本に在留する外国人も大変な時期を迎えています。 「留学生」は週

やさしい日本語を伝える

皆さんは覚えていますか?2019年10月に第風19号が日本に接近しました。長野県の千曲川が氾濫し、多くの周辺家屋に浸水被害に合い、東京では多摩川が氾濫し、近隣マンションに被害がでました。 長野新幹線車

新型コロナウィルス感染症関連情報

20年2月12日付けで、出入国在留管理庁の報道発表より、2020年2月13日午前0時から、中華人民共和国〔湖北省〕〔 浙江省 〕に滞在暦がある外国人及び、同省で発行されたパスポートを所持する外国人、2

外国人労働者の労災事故

労災(労働災害)とは、業務上従業員が被ったケガや疾病などの災害に対して補償する制度です。労災には大きく分けて、「業務災害」と「通勤災害」の2種類はあります。簡単にまとめると、業務災害が業務中の災害、通

特定技能外国人 入社までの手続き

当社がサポートさせていただいた、スリランカ人の特定技能外国人が、無事に2020年1月14日、日本に入国することが出来ました。 入国後、登録支援機関のご担当者様が、入国した空港まで迎えに行っていただきま

外国人と宗教

世界には様々な宗教があります。仏教、キリスト教、カトリック、イスラム教、ヒンドゥー教など様々です。 日本人にとっては仏教は馴染み深く、私達が生活する上で特に食事を気にしたりすることはありません。気にす

技能実習生による犯罪

昨今、日本に在留する外国人の犯罪をテレビのニュースで見ることがあります。 最近では、茨城県八千代町で高齢夫婦が死傷した事件をご存知ですか?この事件では、21歳のベトナム人技能実習生が殺人未遂の容疑で逮

「技能実習生」の介護現場

2017年11月1日より、技能実習制度に“介護職種”が追加されました。 技能実習制度の前には、EPA(経済連携協定:2008年からインドネシア・フィリピン・ベトナムと、年度ごとに“外国人看護士”“介護

法務省/登録支援機関の認定数が2,057件

2019年9月5日付で、法務省に認定された、「登録支援機関」の数が、2,057機関と発表されました。 現在の登録支援機関を業種別にすると・株式会社/有限会社・行政書士・協同組合・一般社団法人・合同会社

義務的支援《非自発的離職時の転職支援》

非自発的離職時の転職支援特定技能外国人の受入企業側の都合(人員整理・倒産など)により、特定技能外国人と雇用契約の継続ができず、雇用契約を解除する場合、特定技能外国人が継続して“特定技能外国人”として、

義務的支援《日本人との交流促進に係る支援》

a.必要に応じ、地方公共団体やボランティア団体等が主催する地域住民との交流の場に関する情報の提供や地域の自治会等の案内を行い、各行事等への参加の手続の補助を行うほか、必要に応じて同行して各行事の注意事

義務的支援《相談又は苦情への対応》

a.相談又は苦情に対し、遅滞なく十分に理解できる言語により適切に対応し、必要な助言及び指導を行うb.必要に応じ、相談内容に対応する関係行政機関を案内し、同行する等必要な手続の補助を行う ●特定技能外国

義務的支援《日本語学習の機会の提供》

今回より、日本語学習の機会の提供について説明します。 a.日本語教室や日本語教育機関に関する入学案内の情報を提供し、必要に応じて同行し入学の手続の補助を行う以下の情報を提供する必要があります。●就業場

災害に対しての対応

お盆休みをいただき、ありがとうございました。皆さんはゆっくり過ごせましたか? 今回、私は将来、日本で働く外国人が増える場合、日本において今回のような“台風” “洪水” “地震” “火事”など日本で災害

特定技能外国人の面接

今回は、事前ガイダンスの説明はお休みさせていただいて、昨日行った、特定技能外国人の受入れについてお話したいと思います。 以前、特定技能評価試験(外食)会場へ訪問したことをお話しました。そこで出会った、

義務的支援《生活に必要な契約に係る支援①》

今回より、〔生活に必要な契約に係る支援〕について説明していきたいと思います。 《a 銀行その他の金融機関における預金口座又は貯金口座の開設の手続の補助》 日本に在留していた技能実習生や留学生では、預金

義務的支援《適切な住居に係る支援④》

《d 情報提供する又は住居として提供する住居の概要(確保予定の場合を含む)》 【在留資格認定証明書交付申請】【在留資格変更許可申請】・申請時点で確保しているもの・申請後に確保するもの 居室の広さ●1人

義務的支援《適切な住居の確保に係る支援③》

説明を続けたいと思います。《c 所有する社宅等を、1号特定技能外国人の合意の下、当該外国人に対して住居として提供する》受入企業が所有している“社宅”を特定技能外国人に提供する場合であっても、特定技能外

義務的支援《適切な住居の確保に係る支援②》

引き続き、義務的支援について説明したいと思います。 《b 自ら賃借人となって賃貸借契約を締結した上で、1号特定技能外国人の合意の下、住居として提供する》やはり、特定技能外国人が自ら物件を探し、契約する

義務的支援《適切な住居の確保に係る支援①》

《a 不動産仲介事業者や賃貸物件の情報提供し、必要に応じて住宅確保に係る手続に同行し、住居探しの補助を行う。また、賃貸借契約の締結時に連帯保証人が必要な場合に、適当な連帯保証人がいないときは、支援対象

義務的支援《出入国する際の送迎②》

では続けます。 〔b 出国予定空港等までの送迎及び保安検査場入場までの出国手続の補助〕これは、特定技能外国人が出国(帰国)する際の支援です。荷物が多いのもありますが、数年間一緒に働いた方が帰国するので

義務的支援《出入国する際の送迎①》

次に、出入国する際の送迎について説明していきます。 〔a 到着空港等での出迎え及び特定技能所属機関又は住居までの送迎〕これは、①初めて特定技能外国人として日本に入国する場合②技能実習生として、すでに日

1号特定技能外国人支援計画書⑧

引き続き、“義務的支援”について説明を続けます。 《i 相談・苦情の対応に関する内容》こうれは、外国人就労者と一緒に働くなかで、一番多い支援になると思います。 相談といっても、仕事も相談や生活の相談、

1号特定技能外国人支援計画書⑦

引き続き、“義務的支援”について説明を続けます。 《h 住居の確保に関する支援の内容》2つのパターンがあります。①特定技能外国人が自身で住居を探す②受入企業が住居を探し、契約し提供するまず、①の場合、

1号特定技能外国人試験計画⑥

では、引き続き“義務的支援”について説明していきます。 《f 支援に要する費用を負担させないこととしていること》これは、“義務的支援”にかかる費用を特定技能外国人に負担させてはいけないという事です。

登録支援機関③

では、引き続き【登録支援機関】の支援内容についてみていきましょう。 下記の図をご覧ください。 登録支援機関は、受入れ企業から委託されると、上記の支援を行う必要があります。 上記の図だけをみると、簡単に

登録支援機関②

今回は、【登録支援機関】についてみていきたいと思います。 【登録支援機関】とは、受入れ企業(特定技能所属機関)から委託を受け、“支援計画”を作成し、特定技能で働く外国人の就業や生活をサポートする機関で

登録支援機関と監理団体⑫

ひきつづき、監理団体の優良要件をみていきましょう。 ⑤地域社会との共生(10点) ◆実習生に対する日本語学習の支援支援というと、たとえば、“受け入れ企業の従業員と積極的に会話する”や“日本語学校を紹介