「特定技能」リモートで面接を実施

外国人雇用, 技能評価試験, 特定技能制度

新型コロナウィルスの影響で良いのか悪いのか、【リモート】や【リモートワーク】という言葉が頻繁に使われるようになり毎日、通勤していた会社員が【リモート】で仕事をこなし通勤する必要がなくなりました。そして技能実習生や特定技能外国人の面接は、通常であれば採用したい外国人の住む現地に受入れ企業の担当者が訪問し、一人一人に対面し面接をしてきました。しかし、それも【リモート】になりわざわざ現地を訪れることなく行われています。

私も本日【リモート】で面接に参加する予定です。「特定技能」で働きたい外国人から弊社に直接連絡があり、面接をすることに至りました。弊社は「特定技能」が施行された日から、「特定技能」で働きたい外国人と、受け入れたい企業を出来る限りサポートしてきました。

本日の面接に参加する外国人は、日本語を勉強し、数少ない海外での特定技能評価試験に合格し、日本で働くことを希望しています。一人は日本に来たことがなく、我々がお願いした履歴書も分からないながら作成し面接に挑もうとしています。すごい事だと思いました。

しかし適切な面接にたどり着く外国人は少なく、彼らの母国ではやはり“ブローカー”と言われる悪質な仲介があります。特定技能で働く内容や、細かな就労条件などは告げず、控除される前の金額や華やかな東京の〇〇といった、誰もが食いつく話をし、面接は行わず〔説明会〕に参加した人は皆、採用されるといったおかしな状況の中で採用を行っています。そして一番問題なのは、送り出し機関でもない人間に、日本で働くために支払うお金があることです。彼らにとっては高いお金を支払って日本に行ける事が当たり前になっていました。

我々は特定技能制度の話をし〔入国前〕〔入国後〕に支払う費用を伝え、そして彼らの周りにいる特定技能として日本へ行きたいと希望する方々にも、同じ話を伝えるようにお願いしました。それは高額なお金を支払うことによって、日本に来る目的が“借金の返済のため”にならないようにするためです。

彼らは今日のために日本語の勉強をし、特定技能評価試験に合格しました。面接が上手くいく事を期待してください。彼らの努力が報われるよう我々も精一杯にサポートし、今後もサポートし続けたいと思います。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

NHKスペシャル「夢をつかみにきたけれど ルポ・外国人労働者...

1号特定技能外国人支援計画書, ベトナム, 中国, 事前ガイダンス, 任意的支援, 保証金, 優良要件, 出入国在留管理庁, 出入国管理および難民認定法, 困ったこと, 在留資格, 在留資格認定証明書, 外国人就労サポート, 外国人技能実習機構, 外国人生活サポート, 外国人雇用, 失踪, 技能実習制度, 技能実習計画, 支援委託契約書, 支援計画, 特定技能制度, 留学生, 登録支援機関, 監理団体, 統計データ, 義務的支援, 送り出し機関, 違法