【技能実習計画】とは、受け入れ企業が、
「当社は、
●このぐらい売上がある
●この人達が実習生をサポートする
●実習生の部屋はここにします
●実習生の給与はこれだけ支払います
●1年間、このような作業をしてもらいます
●給与から、家賃・水道光熱費・その他
 これだけ控除します
●実習生を受け入れる動機はこれです
などなど、上記のような内容の申請書を
何枚も、何枚も作成する書類が、
【技能実習計画】といいます。

簡単に書きましたが、受け入れ企業が
準備する書類を合わせると、実習生1名に
つき、約50枚ほどになります。
本当に大変な作業だと思います。

受け入れ企業が準備する書類も、
●登記事項証明書
●決算書(2期分)
●指導者の履歴書
などなどがあります。

外国人技能実習機構が作成している、
【技能実習計画】申請書類一覧があります
のでご覧ください。

といった感じです。
たくさんの書類を作成し、
【外国人技能実習機構】へ申請する必要が
あります。

この人に働いて欲しい!はい、日本に
来てください。とはいきません。

やはり、外国人を受け入れるからでは
ありませんが、日本人を雇用する場合でも、
いざ働き出し、給与支払日になり、
給与が支払えないほど赤字の会社では、
困ります。

外国人を雇用するにあたり、
●きちんと給与が支払える企業か
●受け入れ態勢は整っているか
を審査してくれるのが、
【技能実習計画】であり、
【外国人技能実習機構】になります。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。