「技能実習」見直し 新受け入れ案 中間報告

技能実習制度, 特定技能制度

外国人技能実習制度の見直しを検討するために、政府の有識者会議が開かれています。今秋の最終報告に向けて、技能実習制度見直し、制度の進め方などが検討されています。

問題点としては、
・制度の趣旨である、技術移転や途上国への貢献等ですが、実際は人手不足の解消手段となっている
・送り出し機関等への高額な手数料
などが問題点となっています。

そこで、新たな制度の趣旨として
・人材確保と人材育成
・職種や業種などは特定技能1号と同様にする
・転職などを緩和する
・実習期間を3年間とする
などの案が報告されています。

家族帯同は出来ないとしていますが、技能実習から特定技能1号そして特定技能2号へ移行が可能となれば、永住申請が可能となるため、日本で就労を希望する外国人にとっては、うれしい見直しとなるようですね。
まだ決定ではありませんが、技能実習制度の見直しが行われれば、特定技能制度の見直しも行われるでしょうね。どちらにしても、良い方向で制度が見直しされると良いですね。また新しい事が分かり次第、ご報告したいと思います。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

NHKスペシャル「夢をつかみにきたけれど ルポ・外国人労働者...

1号特定技能外国人支援計画書, ベトナム, 中国, 事前ガイダンス, 任意的支援, 保証金, 優良要件, 出入国在留管理庁, 出入国管理および難民認定法, 困ったこと, 在留資格, 在留資格認定証明書, 外国人就労サポート, 外国人技能実習機構, 外国人生活サポート, 外国人雇用, 失踪, 技能実習制度, 技能実習計画, 支援委託契約書, 支援計画, 特定技能制度, 留学生, 登録支援機関, 監理団体, 統計データ, 義務的支援, 送り出し機関, 違法