特定技能すべてのサポートサービス

在留資格

カテゴリ一 記事一覧

在留審査の処理にかかる日数

出入国在留管理庁は、各在留資格の審査にかかる日数を発表しました。 「特定技能」は在留資格認定証明書の交付までに64日(約2ヶ月)かかり、期間更新に33.5日(約1ヶ月)、資格変更までに43.7日(約1

在留資格諸申請 様式変更

外国人が日本に在留するためには、[在留資格認定交付証明書申請] [在留資格変更許可申請] [在留期間更新許可申請]を行います。先日より少しずつ様式が変更になっています。今回も若干の変更点があり様式も変

在留資格の変更や更新がオンライン化

法務省は2021年度に、日本に在留する外国人が在留資格を変更したり、更新する手続きを個人んがオンラインで申請できるようにすると発表しました。現在、技能実習生は監理団体が行い、留学生は学校関係者が、特定

在留資格保持者の再入国予定の手続きの流れ

2020年8月28日に[日本に滞在中の在留資格保持者に着いて、空港検査能力の拡充等を踏まえ、9月1日以降に実施する所定の手続きを経て、再入国許可をもって出国したものの入国拒否対象地域からの再入国を許可

申請書類の申請者

外国人が在留資格を取得する際、地方出入国在留管理局へ申請を行います。例えば、留学生などは、自身が通学している学校の担当者が申請書類を作成し、申請していると思います。技能実習生では、監理団体や受け入れ企

技能測定試験/「受験資格者」

本日は、技能測定試験の「受験資格者」について説明したいと思います。 ふと、ある地方都市で開催された“技能測定試験”会場で出会ったベトナム人を思い出しました。 彼は現在、ある地方都市で技能実習生として働

義務的支援《適切な住居の確保に係る支援③》

説明を続けたいと思います。《c 所有する社宅等を、1号特定技能外国人の合意の下、当該外国人に対して住居として提供する》受入企業が所有している“社宅”を特定技能外国人に提供する場合であっても、特定技能外

1号特定技能外国人支援計画書⑦

引き続き、“義務的支援”について説明を続けます。 《h 住居の確保に関する支援の内容》2つのパターンがあります。①特定技能外国人が自身で住居を探す②受入企業が住居を探し、契約し提供するまず、①の場合、

1号特定技能外国人支援計画書③

ひきつづき、“義務的支援”について説明したいと思います。 《入国に当たっての手続に関する事項》特定技能外国人は、直接、受入企業と契約し日本に入国する場合がありますので、自身で行う手続きもあります。よっ

登録支援機関と監理団体⑧

では、監理団体の優良要件についてみていきましょう。優良と認められれば、【一般監理団体】となり、技能実習3号の受け入れが可能になります。 ①実習実施状況の監査その他の業務を 行う体制(50点)◆監査マニ

登録支援機関と監理団体⑦

引き続き、優良要件をみていきましょう。 ⑤相談・支援体制(15点)◆母国語で相談できる相談員の確保技能実習生から相談があった場合、常勤・非常勤に係らず、いつでも相談できる様にしておかなければいけません

登録支援機関と監理団体⑤

今回は【受け入れ企業の優良要件】と【監理団体の優良要件】を見ていきたいと思います。 前回、説明したとおり、●監理団体(一般)●企業ポイントの達成によって、【技能実習生(3号)】の受け入れが可能になりま

技能実習計画

【技能実習計画】とは、受け入れ企業が、「当社は、●このぐらい売上がある●この人達が実習生をサポートする●実習生の部屋はここにします●実習生の給与はこれだけ支払います●1年間、このような作業をしてもらい

外国人技能実習機構

登録支援機関の説明にいく前に、【外国人技能実習機構】について説明します。 2017年11月1日より、外国人技能実習制度の適正な実施と技能実習生の保護を図ることを目的として、【技能実習計画】の認定や、技

改正入管法(特定技能)③

【特定技能【技能実習】や、専門的な知識を持っていれば、日本で働くことができる。という事はお分かりいただけましたね。 では、 「外国人が日本で働く」事ができるのは、専門知識がある場合だけでしょうか?いえ

改正入管法(特定技能)②

前回お話した、【特定技能1号】 【特定技能2号】とはどういった在留資格なのかご説明します。 今回、【改正入管法】の施行により、より多くの外国人が働くことができます。 あれ?これまでも働くことが出来たよ