ベトナム 改正海外労働者派遣法が可決 2022年1月1日に施行

ベトナム

ベトナム国会は11月13日、「契約による海外派遣ベトナム労働法」(改正海外労働者派遣法)を93.4%の賛成で可決しました。
2022年1月1日に施行されます。

この法律には、
◎労働者および労働派遣に関連する機関・組織・企業・個人の権利・義務・責任
◎労働者に対する職業訓練・入国後教育・オリエンテーションに関する規定
◎労働者に対する制度
◎海外労働者派遣におけるベトナム人労働者に対する国の管理体制
についての規定が盛り込まれています。

海外労働派遣事業は条件付きの業種として扱われます。
海外労働派遣事業の携わる企業に求められる要件は、
◇資本金(法定資本金)50億VMD(約2270万円)以上
◇100%国内資本であること
などが条件です。

しかし、海外派遣労働者から手数料を徴収する制度については、撤廃することが出来ませんでした。
海外派遣労働法は技能実習生や特定技能外国人にも係わる事です。具体的な内容はまだ分かりませんが、これから海外に派遣されるベトナムの方が、良い条件や環境で海外へ行けるようになると良いと思います。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

NHKスペシャル「夢をつかみにきたけれど ルポ・外国人労働者...

1号特定技能外国人支援計画書, ベトナム, 中国, 事前ガイダンス, 任意的支援, 保証金, 優良要件, 出入国在留管理庁, 出入国管理および難民認定法, 困ったこと, 在留資格, 在留資格認定証明書, 外国人就労サポート, 外国人技能実習機構, 外国人生活サポート, 外国人雇用, 失踪, 技能実習制度, 技能実習計画, 支援委託契約書, 支援計画, 特定技能制度, 留学生, 登録支援機関, 監理団体, 統計データ, 義務的支援, 送り出し機関, 違法